カードローンの返済方法には、口座振替、振込、ATM、コンビニ払いなどさまざまな方法があります。大手の消費者金融ならどの方法でも返済できますが、ここではメリットの多いATMでの返済について見ていきます。

好きな時にお金を返済できる

カードローンのATMでの返済は、それに対応したATMにローンカードを挿入し、返済額を入金するだけの簡単なものです。消費者金融でも銀行でもカードローンの返済方法としては最もメジャーな方法と言えるでしょう。なぜ、それだけ多くのカードローンがATM返済に対応しているかというと、利用者の利便性が非常に高いからです。口座振替なら引き落とし日にしか返済できませんが、ATMならお金がある時にいつでも返済できます。返済日さえ守れば、「今月はちょっと厳しいので給料が入るまで返済を延ばそう」ということができるのです。

返済の意識が強まる

返済が便利なだけがATM返済のメリットではありません。ATM返済では、自分でATMを操作して、返済する金額の現金を自分で数えて機械に投入します。つまり、自分でお金を返しているという意識が芽生えるのです。クレジットカード決済のように、自分で現金を扱わないといくら使っても本当に使ったという実感がわきにくくなります。それと同じくカードローンの返済も、毎月自動的に引き落とされているだけでは、ちゃんと返したという意識が薄くなり、完済までだらだら延ばしてしまうことにもなりやすいのです。ATMで自分で現金を入金することで、返済の意識が強くなり完済への意欲も高まります。なかなか完済できないという方は、ATMでの返済を試してみてはどうでしょうか。

メニュー